善玉菌を元気にする

おならが多く出たり、臭いの強烈なおならが出るのは、腸内環境が整っていない証拠ですが、腸内には善玉菌と悪玉菌という腸内細菌が住みついています。
腸内の環境がくずれているというのは、この悪玉菌のほうが優勢になり、善玉菌が元気がなくなっているということです。
おならの多さを減らしたり、おならの臭いを軽減するためには、悪玉菌をおさえて、善玉菌に元気に活躍してもらわなくてはなりません。
では、善玉菌が元気に活動するのは、どういった状態なのでしょうか。

スポンサーリンク
onara-kaizenレクタングル大

アルカリ性はダメ

スッキリしないおなかの中では、悪玉菌が大活躍して腸内がアルカリ性にかたむいてしまっています。
そうすると、悪玉菌はエサの食物繊維をたくさん分解して、ガスタイプのうちの、腐敗タイプのおならをたくさん作ってしまいます。
腸内が悪玉菌でいっぱいだと、ぜんどう運動もおさえられてしまい、ガスだまりを作る原因ともなってしまうのです。
では、腸内をアルカリ性でなく、元気な善玉菌でいっぱいにして、おなかスッキリにするには何が必要なのでしょうか。

善玉菌の大好物

腸内環境を整えて、善玉菌が元気に活躍するためには、善玉菌の大好物を与えてあげることが必要です。
善玉菌の大好物は、オリゴ糖という糖分です。
オリゴ糖を体内に取り込むと、腸内に届いたオリゴ糖は、ビフィズス菌などの善玉菌を増やす効果があります。
オリゴ糖は善玉菌の大好物のエサですので、元気に働けるようになった善玉菌のおかげで、腸内も酸性にかたむきます。
また、便には適量の水分も送られてぜんどう運動が活発になり、便通も良くなり、おならも臭くなくなるのです。

スポンサーリンク
onara-kaizenレクタングル大
onara-kaizenレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする