食物繊維とおなら

おならには、空気が原因となる空気タイプという臭いのあまりしないおならと、食べたものののこりかすが腸で腸内細菌によって分解されて発生するガスタイプのおならとがありますが、同じガスタイプのおならでも、繊維分が多く、あまり臭いが無いおならになるものと、タンパク質や硫黄分が多く含まれる臭いが強いおならを作る食品とがあります。
そう考えると、おならが多く出るのはイヤですが、同じ出るならば臭いがあまりしないおならの方が良い気がします。
では、あまり臭いがしないガスを作る、繊維分が多い食品とはどういったものがあるのでしょうか。

スポンサーリンク
onara-kaizenレクタングル大

ココア

チョコレートやコーヒーに含まれる、ココアには、カカオポリフェノールの他に、リグニンという食物繊維で、整腸作用が強力な有効成分がココアの半分近く含まれています。
リグニンは、肝臓の機能を助ける効果があるほかにも、冷え性の改善や血行の促進、さらにや美肌の効果や、臭いののもととなる成分の除去をするという効果があります。
リグニンに整腸作用があるほかに、ココアにはカカオポリフェノールが腸内の善玉菌を助けるという効果があることから、ココアを接種することが、腸内環境を整えるにはとても良いものだと考えられるのです。

ネバヌル食品

ネバネバヌルヌル食品といえば、代表的なものがワカメコンブなどの海藻類です。ワカメ、コンブ、メカブ、ヒジキ、モズクなどのネバヌル海藻類に含まれる、フコイダンやアルギン酸は、ココアに含まれるリグニンと同じ整腸作用の効果があります。
特にアルギン酸は血圧を下げ、血中コレステロールを低下させ、血糖値をおさえたり、動脈硬化の予防に役立ちます。
便秘や整腸作用があるというネバネバヌルヌルの海藻類は、ココアと同じくおならが多く出たりおならの臭いが気になる人、また、便秘や体臭が気になる人にも効果的な食べ物と言えるでしょう。

スポンサーリンク
onara-kaizenレクタングル大
onara-kaizenレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする