乳酸菌の取り方

運動をしたり漢方薬を飲んだりというよりも、手っ取り早くおならが多く出る対策をできるのが乳酸菌をとることですので、間違ったとりかたをしないために正しい乳酸菌のとりかたを覚えておきましょう。

乳酸菌は色々な食べ物に含まれていますし、今はサプリメントもたくさん販売されています。

サプリメントだと、手軽ですが飲み忘れたりしてしまいがちですので、できれば普段の食生活から乳酸菌をとるようにしたいものです。

では、正しい乳酸菌の取り方とはどういったものなのでしょうか。


スポンサーリンク
onara-kaizenレクタングル大

乳酸菌の量

まず、乳酸菌が腸内でじゅうぶんな効果を発揮するには、毎日継続してとることが大切です。

これは腸内細菌の善玉菌より、悪玉菌のほうが生命力が強いことと、乳酸菌には即効性がないために、一度乳酸菌をとれば腸内の善玉菌が一度に増えたりするわけではないからです。

ですから、毎日続けてとることが大事なんですね。

一日に食品からとる乳酸菌の量は、200~300グラムと言われていますが、でもこれだけとらないと、かえって悪玉菌を増やすことになってしまうので、一番効果的なのは腸にまで届く乳酸菌の含まれる食材を継続的にとることなのです。


乳酸菌食

乳酸菌が腸内にきちんと届いて、効果を発揮するためには、まず動物性乳酸菌、ヨーグルトなどであれば腸に届く乳酸菌が含まれているもの、また、同じようにサプリメントもきちんと腸に届く乳酸菌が配合されているものを選ぶ必要があります。

しかし、毎日200グラムものヨーグルトを食べるとそれだけでおなかが一杯になってしまいそうですね。

一番良いのは味噌や醤油、ぬか漬けなど、植物性の乳酸菌をバランスよくとることがもっとも無理がなく続けられる方法のようです。

それに加えて、ヨーグルトやサプリメントという手もあるでしょう。

おならが多い人は、まず食生活をしっかりと見直しましょう。


スポンサーリンク
onara-kaizenレクタングル大
onara-kaizenレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする