おならと乳酸菌

乳酸菌がおなかにいい、腸にいいのは今や広く知られたことですが、どういった食品に乳酸菌が含まれていて、どのようにとるとよいのかまではあまり知られていません。
漠然と、腸にいいからヨーグルトを食べる、と言った具合で、乳酸菌自体の効果などはあまり知られていないのです。
実はおならにも乳酸菌はたいへん効果があります。
おならが多く出る人や、臭いおならが多く出て困る人は、根本から生活を見直す必要がありますが、もっとも手っ取り早いのが、この乳酸菌を豊富に取ることでしょう。
では、いったいどういったものに乳酸菌は多く含まれているのでしょうか。

スポンサーリンク
onara-kaizenレクタングル大

乳酸菌とは

そもそも、乳酸菌とはどういったものなのかというと、発酵によって糖類から、多量の乳酸を産み出し、悪臭の原因になるような腐敗物質を作らないものが、一般に乳酸菌と呼ばれています。
乳酸菌が多く含まれている食べ物は色々ありますが、ヨーグルトや牛乳など動物の乳にいる乳酸菌を動物性乳酸菌、野菜などにいるのは植物性乳酸菌と呼ばれています。
乳酸菌にも種類があり、人間の腸内などにも多く住んでいるラクトバシラス、俗にビフィズス菌と呼ばれるビフィドバクテリウム、ピクルスなど発酵植物製品にいるぺディオコッカスなど主に6種類に分けられます。

乳酸菌の多い食べ物

乳酸菌による発酵は、食品に酸味を主体とした味や香りの変化を与え、乳酸によって食品のペーハーが酸性側にかたよることで、腐敗や食中毒の原因となる他の微生物の繁殖をおさえて、食品の長期保存を可能にしています。
ヨーグルトなどの動物性乳酸菌は乾燥、熱や酸に弱いため胃酸で死滅してしまいますが、キムチやぬか漬け、ピクルス、醤油や味噌などの植物性乳酸菌は、腸にまで届く、プロバイオティクスとよばれる食品で、腸内生存率が動物性乳酸菌の10倍であるといわれています。
ですから、おならが多い人などは、食事に味噌汁やぬか漬けを食べて、サラダやデザートとして、腸に届く乳酸菌を含むヨーグルトなどをとるとよいでしょう。

スポンサーリンク
onara-kaizenレクタングル大
onara-kaizenレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする