ペットのおなら

今は犬、猫などペットを飼っている人がひじょうに多いですが、カワイイペットもおならをするのでしょうか?

普通に考えると、人間と同じように空気を吸ったり、ご飯を食べたり水を飲んだりしますから、それと同時に空気も飲み込んだり、ウンチもしますから同じように腸内で食べたものが分解されてガスも発生しますよね。

ということは、ペットもおならをするのです。

しかし、ペットはおなかが痛いとか調子が悪いと言葉で訴えることが出来ませんので、おならの量や臭いで体調を判断したりできるのでしょうか。


スポンサーリンク
onara-kaizenレクタングル大

ペットのおならが多い

ペットの体調管理には、ウンチやオシッコの量や回数、臭いなどが重要な判断材料ですが、おならに関してはどうなのでしょうか。

ペットがおならをする仕組みは、人間と同じです。

ですから、あまり臭いは強くはないけれど、割と大きな音のおならをたくさんするというのは、ひとつは空気をたくさん飲み込んでいる場合で、例えばたいていのワンちゃんは早食いですから、その分空気も一緒に飲み込んでしまうことになります。

食べてすぐ大きなゲップをする場合もありますが、おならとして飲み込んだ空気を排出する場合もあるのです。


ペットのおならが臭い

犬や猫などのペットも、音は小さいけれど、臭いが強烈な臭いおならをすることがあります。

この理由としては、ひとつは食べたものが腸内で分解されて、腸内細菌によって作られた臭いの強いガスです。

これは人間とおなじ仕組みですが、手作りご飯ではなくペットフードを食べるペットは、わりと臭いの強いおならをすることが多いようです。

また、ストレスや体調が悪いときにも、臭いのつよいおならをすることがありますので、気がついたらいつもより体調に気を使ってあげたほうがよいでしょう。


スポンサーリンク
onara-kaizenレクタングル大
onara-kaizenレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする