おならが止まらない病気

おならが多い、おならが止まらない病気というのがあります。
今は新聞や雑誌、インターネットなどによってよく知られるようになりましたが、過敏性腸症候群というものと、空気嚥下症とも呼ばれる、呑気症という、どれもストレスが原因の病気です。
おならが多く出たりするだけではなく、下痢や便秘が起きたり、吐き気をもよおすという症状もありますが、実はこれらの病気の他にも、クローン病とよばれる病気があります。
クローン病とはどういった病気なのでしょうか。

スポンサーリンク
onara-kaizenレクタングル大

クローン病

クローン病とは、主に、口腔内から肛門までの、全ての消化管に、非連続性の慢性肉芽腫性炎症を生じる原因不明の炎症性疾患です。
わかりやすく言うと、クチから肛門までの間の、食道や、胃や腸などの消化器官内に、点々と、いぼのような炎症が起きる病気です。
厚生労働省によって、特定疾患、いわゆる難病に指定されている疾患で、10~30歳の若年層に多く見られる病気です。
難病ですが、実は日本での患者数はとても多く、約2万人以上と言われています。

クローン病のしくみ

クローン病が発症する正確なしくみは解明されていませんが、大きなストレスも発症の原因とされています。
遺伝的な要素があって、免疫系の以上が原因ではないかといわれていますが、自覚症状として腹痛や下痢が主な症状で、これにともなっておならも多く出るのです。
常に腸を含む、消化器官の調子が悪いために、ガスもたまりやすくなり、おならも出やすいのです。
下痢がずっと続いていたり、腹痛やおならが多い、止まらないなど普通と違う症状が長いようであれば、医師に相談する方がよいでしょう。

スポンサーリンク
onara-kaizenレクタングル大
onara-kaizenレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする