赤ちゃんとおなら

小さな産まれたばかりの赤ちゃんでも、もちろんおならをしますし、ゲップもくしゃみも、咳もします。

体のおならを出すサイクルは大人でも赤ちゃんでも同じですが、大量の肉類などのタンパク質を接種しない赤ちゃんのおならの原因は、ほとんどが空気と言えます。

しかし、お腹が痛いとか、ガスが溜まってお腹が張るなど、言葉で表せないのが小さな赤ちゃんですから、どんな様子でどのようなおならをしているのか、よく観察して対応してあげましょう。


スポンサーリンク
onara-kaizenレクタングル大

赤ちゃんのおならの量

赤ちゃんは、自分でお腹が張っているとか、ウンチがしたいけれど便秘気味だとかは話すことが出来ませんよね。

そこで、赤ちゃんのおならの具合から、お腹の調子を判断してあげることが出来ますから、よく様子を見てあげるようにしましょう。

小まめにおならが出ているけれど便が出せていない、いきんでいるけどおならしかでない、などは、おならと一緒に水分だけが排出されて便秘気味になっている証拠です。

そんなときは、マッサージをしてあげたり、乳児用のかんきつ類のジュースを飲ませるなどしてあげましょう。


赤ちゃんのおならの臭い

赤ちゃんのおならは、腸内で善玉菌が精力を振るっていますので、臭いが気になることはありません。

もちろん離乳食が始めれば、色々な種類の食べ物を摂りますので、その分、悪玉菌も活躍するようになり、おならもウンチも臭くなるようになってきます。

赤ちゃんのおならの臭いは、離乳食前に臭いがきつかったり、離乳食後に臭いの強いおならがたくさんでたりするようであれば、腸内環境が崩れている場合がありますから、そのような様子が見られたら、小児科の先生に相談してみるとよいでしょう。


スポンサーリンク
onara-kaizenレクタングル大
onara-kaizenレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする