おならの臭い

おならが多く出るわけではないけれど、たまに出るおならの臭いが強くて困っているという人もいると思います。

おならのもと、原因はほとんどが空気ですが、臭いの強いおならの原因は、食べたものの残りかすが腸内細菌によって分解されて発生したガスの臭いなのです。

特に、腸内にいる悪玉菌が、えさとなるタンパク質などを分解して発生させるアンモニアなどの強い臭いは、おならとなって排出されると強烈に臭いおならの原因となります。



スポンサーリンク
onara-kaizenレクタングル大

タンパク質とおなら

強い臭いのおならの臭いを、タマゴが腐ったような臭いと表現する人は多いと思いますが、これは俗説ではなく、確かな理由があります。

肉類などのタンパク質を、腸内で腸内細菌が分解すると、アンモニアなどタマゴが腐ったような臭いのするガスに分解して発生させるのです。

ですから、食生活が肉類ばかりで偏りが生じていると、おならの量は少なくても、臭いの強いおならが出るようになります。

もし、臭いの強いおならに困っているなら、食べるものが肉類などタンパク質に片寄っていないか見直す必要があります。


硫黄分とおなら

肉類などのタンパク質のほかに、ネギ類、ニラやニンニクなどの硫黄分を含む食べ物を多く食べると臭いの強いおならが出ます。

ネギ類やニンニクなどは殺菌効果などもあり、体には良い食べ物ですが、臭いに関して言えば、生のネギやニンニクを食べると口臭がひどくなりますし、もちろん、おならにも強い臭いを発生させる原因にもなります。

体に良いものですからまったく摂らないというのも問題ですが、たくさん摂りすぎると、口臭、体臭、おならの臭いの原因にもなってしまいます。


スポンサーリンク
onara-kaizenレクタングル大
onara-kaizenレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする