おならと年齢

最近、おならが多く出て困る、おならの臭いが気になって困る、そういえば、体臭も気になるけどこれって加齢臭!?などと悩んでいませんか?

実は、おならと体臭には大いに関係があるのです。

自分は臭わない、臭くないと思っていたけれど、子供や周りの人から臭うと言われたらショックですよね。

しかし、人間は年齢と共に誰でもが臭いが強くなっていく生き物なのです。

では、いったいその原因とは取り除けるものなのでしょうか、どういったものなのでしょうか。


スポンサーリンク
onara-kaizenレクタングル大

悪玉菌と年齢

実は、体臭が強くなるのは40代くらいからだと言われていますが、これは、善玉菌が減る年齢とも言えるのです。

善玉菌は年齢と共に減少していきますが、悪玉菌がその分増えて活躍するようになってしまうと、腐敗タイプのガスが多く発生し、臭いの強いおならが多く出るということになります。

しかし、その悪玉菌が多く増えてしまうと、おならとして出し切れない量の腐敗タイプのガスが溜まってしまいます。

おならとして出し切れなかった悪玉菌の臭いは、血中に溶け出して体臭として体の外に出されてしまうのです。
これが加齢臭とも言われる体臭の原因なのです。


善玉菌を増やす

年齢と共に減少してしまう、善玉菌ですが、そのまま腸内で悪玉菌が横行してしまっているままだと、口臭や体臭の原因ともなってしまいます。

では、臭いおならが多く出るのを減らしたり、口臭や体臭を防ぐ為にはどうしたらよいのでしょうか。

単純に、善玉菌が増えて元気になれば、腸内の働きが整うのを助けてくれますので、善玉菌を増やすことです。

善玉菌を増やす、元気にするには、善玉菌の大好物のえさとなる、オリゴ糖を摂ることです。


スポンサーリンク
onara-kaizenレクタングル大
onara-kaizenレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする