おならとストレス

特別、便秘というわけでもないし、健康診断でも何の異常もない健康体なのに、おならが多く出て困っている、おならの臭いが気になっているという方もいるのではないでしょうか。

もし、体に異常が無いのにおならが多く出るというような場合は、ストレスが原因かも知れません。

ストレスがたまってしまうと、胃腸を動かす副交感神経に影響を与えて、消化吸収力が落ちてしまう場合があります。

また、時間に追われて早食いをしていたり、ストレスで暴飲暴食などしていれば、腸内ガスも溜まりやすくなってしまいます。


スポンサーリンク
onara-kaizenレクタングル大

早食いとおなら

呼吸や食事のときに飲み込んでしまう空気は、おならのもととなる大半ですが、呼吸をしなければ私達は生きていけませんね。

しかし、食事のとき、早食いをしてしまう人は、そうでない人と比べてより多くの空気を一緒に飲み込んでしまいます。

おならが多くて悩んでいるならば、食事はゆっくりと、くちの中で食べ物と空気を練って空気抜きをするようにしてから飲み込むようにすると、吸い込むようにして食べる早食いの時に比べて、食べ物と一緒に飲み込む空気の量を減らすことができます。


暴飲暴食とおなら

暴飲暴食は、おならが多く出ることや、臭いの強いおならの出る原因のひとつです。

ストレスによってすでに消化吸収力が低下しているところへ、たくさんの食べ物飲み物が入ってきても、当然消化しきれなくなってしまい、腸内ガスがより溜まりやすくなります。

また、よく噛まずに飲み込むことで空気もたくさん一緒に飲み込んだり、例えば大量の焼肉などを食べたりすれば腐敗タイプのガスがたくさんたまることになります。

ですから、暴飲暴食をしている人は、当然おならも多く出ますし、匂いの強いおならもたくさん出ることになってしまうのです。


スポンサーリンク
onara-kaizenレクタングル大
onara-kaizenレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする